取得単位は「PLESO-Near」で確認してください。認定申請は下記「2-a. 申請までの流れ(令和5年3月まで受講分)」「2-b. 申請までの流れ(令和5年4月以降の受講分 PLESO-Near利用分)」を参照していただき、令和5年3月までの受講分については、郵送された単位シールを研修手帳に貼り、令和5年4月以降の受講分については、単位シールは貼らずに認定単位一覧を添付して申請してください。

1. 研修認定薬剤師の認定基準

一般社団法人薬局共創未来人財育成機構 薬剤師生涯研修センターでは、以下の要件を満たすものを「研修認定薬剤師」として認定します。
新規認定要件

4年以内に40単位以上(20単位以上は当研修センターが発行する単位)の取得が必要です。ただし、毎年5単位以上の取得も必要です。

● 認定申請できる研修期間は、最初の単位取得日より4年以内とします。

● 年度途中でも40単位取得した時点で申請ができます。

更新認定要件

● 更新は、3年毎に30単位(15単位以上は当研修センターが発行する単位)の取得が必要です。ただし、毎年5単位以上の取得も必要です。

● なお、最低各年5単位の取得ができなかった場合は更新できず、新規申請の取り扱いとなります。

研修の単位基準について

【集合研修】

● 90分を1単位とし、1日4単位を上限とします。ただし、複数日にわたって行われる研修については、1日ごとに単位を設定するものとします。なお、2日間6単位、3日間9単位を上限とします。

【Mobile Seminarなどのe-ラーニングによる研修】

● 90分を1単位とし、1日4単位を上限とします。

他の研修機関(プロバイダー)の単位の取り扱いについて

● 公益社団法人薬剤師認定制度認証機構が認めた他のプロバイダーが発行した単位も有効です。

● ただし、当研修センターの認定制度の申請には50%まで有効です。

特別な理由により所定の単位が取得できなかった場合の取り扱いについて

● 妊娠出産、育児、疾病による長期入院、介護、長期海外出張などで研修の継続ができなかった場合、最大1年を限度として期間の延長を認めます。

● 申請書は下記よりダウンロードしてご利用ください。

申請書PDF

申請書WORD

● 特別な理由による延長期間中に取得した単位は、認定の対象外とします。

● なお、認定申請の際には、「研修認定薬剤師申請書(新規)または(更新)」にその理由と期間を記載することが必要です。

2-a. 申請までの流れ(令和5年3月まで受講分)


研修ポートフォリオ
手帳の入手

● 3月中旬「研修手帳EXCEL版」をホームページにアップロードします。ダウンロードしてご利用ください。
お急ぎの方は事務局にお申し出ください

● 初回認定時のみ、他のCPC認証プロバイダーが発行した研修手帳を続けて利用し、申請用に使用することができます。

矢印

認定単位
(研修認定シール)
の取得

研修認定シール見本

● 当研修センターの研修単位は、当研修センター主催または共催研修会に参加された方と、当研修センターとファーマクラスターから申し込まれたMobile seminarの受講者が取得できました。

薬剤師生涯研修センター

Mobile Seminar

矢印

研修の記録

● 認定単位(研修認定シール)を研修手帳に貼りつけ、研修内容(学習内容、理解できなかった内容、今後必要な学習)を記載してください。

矢印
④-1
認定申請(新規)

● 新規認定の要件を満たした方は、下記の書類等を提出してください。

①研修認定薬剤師新規申請書(ホームページよりダウンロード)

②薬剤師免許証(写し、A4縮小版でも可)

③研修手帳

④認定申請料11,000円(消費税込)の振込証明の写し(A4)

⑤顔写真(IDカードに印刷希望者のみ添付ファイルで事務局に送付)

矢印
④-2
認定申請(更新)

● 更新認定の要件を満たした方は、下記の書類等を提出してください。

①研修認定薬剤師更新申請書(ホームページよりダウンロード)

②薬剤師免許証(写し、A4縮小版でも可)

③研修手帳

④認定申請料11,000円(消費税込)の振込証明の写し(A4)

※前回当研修センター以外のプロバイダーによる認定を受けた場合は該当の認定証の写しを添付してください。

⑤顔写真(IDカードに印刷希望者のみ添付ファイルで事務局に送付)

矢印

審査

● 認定評価委員会は提出された申請書並びに研修手帳を審査し、認定の可否を評価し認定薬剤師制度委員会に報告します。

矢印

認定証発行

● 認定薬剤師制度委員会は結果が適切であるかどうかを審議の上本研修センター長に報告し、当研修センター長が認定証の発行を行います。

2-b. 申請までの流れ(令和5年4月以降の受講分 PLESO-Near利用分)


PLESO-Near
ユーザー登録
(新規作成)

● PLESO-Nearのユーザー登録を行います。

登録手順:下記を参照してください。

PLESO-Near利用の手順

矢印

研修ポートフォリオ
手帳の入手

● 3月中旬「研修手帳EXCEL版」をホームページにアップロードします。ダウンロードしてご利用ください。
お急ぎの方は事務局にお申し出ください

● 初回認定時のみ、他のCPC認証プロバイダーが発行した研修手帳を続けて利用し、申請用に使用することができます。

矢印

研修の記録

● 研修内容(学習内容、理解できなかった内容、今後必要な学習)を研修手帳に記載してください。

矢印

単位証明書
(リスト形式)
の出力

● PLESO-Nearから「認定単位一覧(リスト形式)」を出力します。

矢印
⑤-1
認定申請(新規)

● 新規認定の要件を満たした方は、下記の書類等を提出してください。

①研修認定薬剤師新規申請書(ホームページよりダウンロード)

②薬剤師免許証(写し、A4縮小版でも可)

③研修手帳

④認定単位一覧(リスト形式)

⑤認定申請料11,000円(消費税込)の振込証明の写し(A4)

⑥顔写真(IDカードに印刷希望者のみ添付ファイルで事務局に送付)

矢印
⑤-2
認定申請(更新)

● 更新認定の要件を満たした方は、下記の書類等を提出してください。

①研修認定薬剤師更新申請書(ホームページよりダウンロード)

②薬剤師免許証(写し、A4縮小版でも可)

③研修手帳

④認定単位一覧(リスト形式)

⑤認定申請料11,000円(消費税込)の振込証明の写し(A4)

※前回当研修センター以外のプロバイダーによる認定を受けた場合は該当の認定証の写しを添付します。

⑥顔写真(IDカードに印刷希望者のみ添付ファイルで事務局に送付)

矢印

審査

● 認定評価委員会は提出された申請書並びに研修手帳を審査し、認定の可否を評価し認定薬剤師制度委員会に報告します。

矢印

認定証発行

● 認定薬剤師制度委員会は結果が適切であるかどうかを審議の上当研修センター長に報告し、当研修センター長が認定証の発行を行います。

3. 更新手続き

● 「更新申請受付期間」は「認定薬剤師証有効期限」が切れる月の末日までです。

● 尚、「認定薬剤師証有効期限」とは認定薬剤師証に記載してある「認定期間の最終日」または「認定期間」の日付です。

4. 各種申請書・送付先

● 各種申請書は以下よりダウンロードしてご利用下さい。
新規認定 新規申請書PDF 新規申請書WORD
更新認定 更新申請書PDF 更新申請書WORD
認定証の
再交付
再交付申請書PDF 再交付申請書WORD
● 各種申請書は以下にご送付下さい。
〒104-0028
中央区八重洲二丁目2番1号
東京ミッドタウン八重洲 八重洲セントラルタワー8階
一般社団法人薬局共創未来人財育成機構 薬剤師生涯研修センター事務局

5. 申請料・振込先

申請料

● 新規認定 :11,000円(消費税込)

● 更新認定 :11,000円(消費税込)

● 再交付認定: 3,300円(消費税込)

※なお、事前にお振込みの上、申請書に振込証明の写し(A4)を添付して下さい。
振込先
申請料は下記口座までお振込み下さい。
なお、手数料はご負担いただきますようお願いいたします。

● 銀行名 :みずほ銀行

● 支店名 :北沢支店(普)

● 口座番号:1365856

● 口座名義:(社)薬局共創未来人財育成機構 代表理事 加藤裕芳

6. 研修認定薬剤師制度の概要

● 当研修センターが主催・共催する研修に参加された方には、研修認定薬剤師制度規定に基づき認定単位を交付します。

● 当研修センターの研修単位は、当研修センター主催または共催研修会に参加された方と、当研修センターとファーマクラスターから申し込まれたMobile seminarの受講者が取得できます。

● 所定の認定要件を満たし、当研修センターに認定申請を行うことで、「研修認定薬剤師」として認定を受けることができます。

研修認定薬剤師制度規定 はこちらからご覧下さい。

7. 研修認定薬剤師の取り消し

● 以下の(1)から(3)に該当するものはその認定を取り消します。

(1)薬剤師の資格を失った方
(2)薬事に関し犯罪または不正行為があった方
(3)上記のほか薬剤師として著しく不適正な行為のあった方

● 認定を取り消す場合は、予め当該者にその旨を連絡します。

● また、当該者より求めがあった場合には、意見を聞く機会を設けます。

8. 受講者の意見聴取

受講者の意見聴取は、受講者からのアンケートによる他、ホームページに窓口を設け、感想・意見・要望などを聴取し、企画実行委員会で検討していきます。

9. 個人情報の管理

研修認定薬剤師制度に関わる薬剤師の個人情報は、一般社団法人薬局共創未来人財育成機構薬剤師生涯研修センターの個人情報保護ポリシーに則り厳重に管理します。