薬剤師生涯研修センター

┃  提供する研修  ┃  研修センターとは  ┃  Q&A  ┃  お問合せ  ┃
 

2019年1月13日(日)

科学的根拠のある処方提案 症例検討WS-Ⅳ (日本アプライド・セラピューティクス学会 症例解析WS)

このワークショップは高齢者薬物治療認定薬剤師制度の認定要件となるワークショップです。

高齢者薬物治療認定薬剤師制度WS-Ⅳは、共催開催となる日本アプライドセラピューティクス学会「科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワークショップ『症例解析&⽂献評価ワークショップ』」の内、症例解析コース第2日目を受講していただきます。

処方提案を成功させるためには、科学的な根拠に基づく処方解析を行うことが重要なポイントとなります。

このワークショップでは、患者の背景情報(主観的、客観的情報)を系統的に収集・評価し、ガイドラインなどの科学的根拠をもとに非薬物治療、薬物治療の妥当性を検討の上、薬物治療を提案できる能力を養います。

ハウツーに終わらず、様々な臨床の課題に応用できる力をしっかり身に着けることのできるこのワークショップで学ぶことで、薬物治療の評価から処方設計に必要となる総合的な能力を身に着けて頂きます。

 

症例検討WS-Ⅳ[1日](G18研修認定単位4単位)

日本アプライドセラピューティクス学会「科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワークショップ『症例解析&⽂献評価ワークショップ』」の内、症例解析コース第2日目に該当します。

 

※日曜のみ参加される方は、以下のシリーズの基礎編全てと実践編の該当テーマの講義をご受講の上、ご参加頂いておりますことをご承知おきください。

 

「薬剤師の視点で薬物治療を評価・判断・提案する」-基礎編-

「薬剤師の視点で薬物治療を評価・判断・提案する」-実践編-

 

 多忙を極める皆様のご受講を支援するため、当機構からお申し込みの方のみ、学習支援サイトでのサポートを御用意しております。誠に申し訳ございませんが、学会からお申し込みの方は学習支援サイトをご利用頂けませんことをご了承ください。

 

 

オプショナルコースも2種ご用意しております。

日本アプライド・セラピューティクス学会WS修了証を交付するコースで、

前日の12日(土)13:00~17:30 から続けてご受講頂きます。

① 症例解析コース[1.5日](G18研修認定単位3単位/4単位交付)

② 文献評価コース[1.5日](G18研修認定単位3単位/4単位交付)

※ 詳細は、日本アプライド・セラピューティクス学会ワークショップページをご覧ください。

※ 文献評価コースは高齢者薬物治療認定薬剤師制度WS-Ⅳ(2年目受講)の対象外となります。

ただし、認定更新の際には認定ワークショップとしてご受講頂けます。

 

※ テキストもご準備下さい

【テキスト】   【参考書1】   【参考書2】

2ページで理解すr   「臨床薬物動態学」緒方先生著書  yakuji201604-rinji-cover_A1

 

【事前課題】

お申し込みされた方には、開催の数週間前に事前資料および課題が送られます。

事前課題にはSOAPを記載する作業がございます。

SOAP記載に関しましては、事前資料に説明がある他、Mobile Seminarで説明をしておりますのでご受講の上、ご確認下さい。(認定要件ともなっております)

お申込み※外部サイトに移動します お申込み終了
講 師
日本アプライド・セラピューティクス学会 認定講師
日 時
2019年1月13日(日) 9:20~17:00 / オプショナルコースは12日(土) 13:00より開始
場 所
京都薬科大学 (京都市山科区御陵中内町5 / JR・地下鉄「山科駅」より徒歩約8分)
参加費
11,000円 / オプショナルコースは13,000円  ※ 日本アプライド・セラピューティクス学会員のかたは学会よりお申し込みください)
定 員
症例解析コース,文献評価コースともに15名
交流会
12日(土) 18:00~ (自由参加:会費3,000円程度・当日集金)
主 催
 - 
共 催
日本アプライド・セラピューティクス学会/東京理科大学研究推進機構総合研究院アカデミック・ディテーリング部門/一般社団法人 医薬教育倫理協会/一般社団法人 薬局共創未来人財育成機構
備 考

■ お申し込みの前にお読みください!
 1)高齢者薬物治療認定薬剤師制度ワークショップとして受講される方でも、
   日本アプライド・セラピューティクス学会員の方は、学会の申し込みページから
   お申し込みください。
 2)参加費は当日集金となります。
 3)認定試験を予定される方は、症例解析コースを選択ください。
 4)オプショナルコース①,②の学習内容は、高齢者薬物治療認定薬剤師制度ワークショップ
   受講者への特別措置として、Mobile Seminarから受講が可能です。
   下記の講義をかならず受講してください。
     「薬剤師の視点で薬物治療を評価・判断・提案する」-基礎編-
     「薬剤師の視点で薬物治療を評価・判断・提案する」-実践編-
   東邦薬品㈱のENIF Club薬剤師Webセミナーからも受講できます。
   どちらからも受講されてない方は、別途受講申し込みが必要となります。
 5)プリセプター参加も募集しておりますが、お申込期限が一般参加より早くなって
   おります(11月30日)。
   一般参加と同額の参加費となりますが、担当の先生方と準備作業を行って
   いただきます。
 6)当日の欠席や1月4日以降にキャンセルされた場合は、
   のちほど参加費全額をお支払いいただきます。ご了承ください。

【良くあるご質問】
 Q1 1年目のワークショップを受講していませんが、参加できますか?
 A1 基本的には2年目に受講頂いておりますが、やる気があればその限りではありません。
   (学習効果を上げるため、なるべく1年目のワークショップいずれか1つでも受講願います)

 Q2 高齢者薬物治療認定薬剤師制度を利用していなくても参加できますか?
 A2 どなた様でも、勉強したい方はご参加いただけます。

申込期限
お申込み期限:2019年1月3日(木) 23:59 
お申込み ※外部サイトに移動します お申込み終了
薬剤師MobileSeminar
「薬剤師が担う地域医療とチーム医療」の充実を基本とし、薬剤師の本質的な職能を以て住民の健やかな生活に寄与できる「価値・倫理・知識・態度」を有する薬剤師の育成を目指し、必要とされる総合的な知識や技術を学ぶ場の提供を行います。

【提供する研修】
● 学んだ薬剤師自身が価値ある変化が得られたと実感できる効果的なプログラム。
● 5〜6年後の将来像を見据えて、必要な知識・技能を身につけ、自ら成長できるプログラム。