薬剤師生涯研修センター

┃  提供する研修  ┃  研修センターとは  ┃  Q&A  ┃  お問合せ  ┃

学会共催WS 高齢者薬物治療認定薬剤師制度 2年目研修のご案内

高齢者認定バーナー

 

1年目の研修となるWS-Ⅰ、WS-Ⅱ、WS-Ⅲでは、医師の指導の下、

高齢者における処方の問題点を改善すべく研修を行ってまいりましたが、

2年目は、より具体的に適切な薬物治療を選択、提案するための訓練を行ってまいります。

 

近年、病院、在宅における質の高い薬物治療の提供の推進方針を示した厚労省の文書では、「薬剤師が薬物治療の担い手」、「薬剤師が薬物治療に責任を持つ」と明記されております。

また、これらを実践するには、薬剤師の職域(病院・地域)に関係なく、薬剤師が個々の患者の薬物治療を評価し、提案できること、根拠を持って提示できることが重要となります。

 

そのため、WS-Ⅳ、WS-Ⅴでは、患者の背景情報(主観的、客観的情報)を系統的に収集・評価し、ガイドラインなどの科学的根拠をもとに非薬物治療、薬物治療の妥当性を検討の上、薬物治療を提案できる能力の獲得をめざします。

 

日本アプライド・セラピューティクス学会のご協力を得て、

「科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワークショップ:症例解析ワークショップ」を共催ワークショップとして開催する運びとなりました。

なお、「文献評価コース」が学会主催により同日開催されますが、

専門認定の為の研修(4年目)および更新認定の為の研修として選択受講を可能とします。

これにより、薬物治療の評価から処方設計に必要となる総合的な能力を獲得するため、

不足する知識や技能を補うものを選択して学んで頂く事が可能となっています。

また、ワークショップは毎回アップデートされてまいりますので、

3年目以降、ファシリテーターとして参加(認定要件)することで、

ご自身の知識や技能をもアップデートしながら持続・向上することが出来ます。

 

WS-Ⅵでは、これまでと同形式の症例検討ワークショップを開催し、

矢吹拓先生(栃木医療センター)、水野篤先生(聖路加国際センター)のご指導を頂きます。

 

 

日本アプライド・セラピューティクス学会

科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワークショップ

「症例解析&文献評価ワークショップ」は2コースで行われています。

 

【症例解析コース】 ※ 学会と当機構との共催として開催致します。

患者の抱える医学的問題点の把握、⾃他覚症状・各種検査データなどから患者の病態を適切に評価した治療目標の設定、根拠に基づいた非薬物治療、薬物治療の提案(薬剤選択、PK/PD 理論に基づく⽤法⽤量の設計)、的確な治療・副作用モニタリング計画の⽴案、望ましい効果が得られない場合の対応、患者教育など、臨床薬学サービスの基本的な思考と実践的スキルを学びます。

 

【文献評価コース】 ※学会主催

主に医薬品の有効性を検証した臨床研究論文を批判的に吟味できることを目指します。

薬物治療の有効性や安全性を優れた研究デザインにて検証した臨床研究の多くは英語論文として発表されるため、本コースでも英語論文を扱います。

臨床研究論文を吟味する際に確認すべきポイントについて、チェックリスト等を利用しながらよく使われるキーワードとともに学び、統計学的視点も含めて論文データを正しくかつ批判的に読み取るための考え方も習得します。これらを通じ、英語論文を効率的に批判的吟味できる能力が向上し、英語論文の壁が低くなることで、科学的根拠に基づいて薬物治療を評価していくための基礎力が養成されます。

 

※ WS-Ⅴは、4年目および更新者に限り、症例解析コース・文献評価コースのどちらを選択頂く事もできます。

2016年度開催の日本アプライドセラピューティクス学会開催のワークショップのお知らせです!

 

第11回科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワークショップ

※ 2017年のワークショップⅤは「症例解析コース:てんかん」の予定となります。